お預かり時の写真

古い桐箪笥

桐箪笥リメイク内容

三段の箪笥を横並び。

脚を製作して高さを揃える。

箪笥上部の天板を補強する。(箪笥を並べた際に隙間が出来ないようにする。天板の取り付けは本体四方ピッタリに作る)

金具は現在のものを使用。

カギ穴は埋める。

金具は磨いて再塗装。

蝶番は取り替え。

新しく交換した金具と、古い金具の色が、極力違わないようにする。

色は「オイルフィニッシュ」仕上げ。

 

 

桐箪笥リメイクイメージ

リメイクプラン

脚は上の画像のように製作して、上に箪笥を乗せて固定する予定です。

桐箪笥天板

厚み20mmの桐材の天板は本体四方より出さないようにする。

桐箪笥テレビボード

 

画像クリックで拡大します。

完成イメージの縮図になります。

寸法は完成した時、このようなサイズになります。

一番高さがある中段の脚の隙間を80mm(8cm)で、天板を厚み20mm(2cm)で補強した場合の高さが665mm(66cm5mm)で製作致します。

 

箪笥を横並びで使う際に隙間をなくして使いたいとのことですが、画像真ん中の扉の箪笥の蝶番金具などが当たるので多少の隙間はご容赦下さい。

桐箪笥テレビボード

天板の補強は、並びで使う時に隙間ができないように側板と面にする。

正面手前も出さないでピッタリ作る。

 

 

高さを揃えて、脚の長さを揃えたい場合

桐たんすテレビボード

箪笥の台輪を高さ調整に使用する。

 

桐箪笥テレビボード

高さを揃え、脚の長さを揃えて製作する。

金具の外し

金具の外し

金具の外し

金具の外し

金具が外し終わりました。

箪笥の洗い

箪笥の洗い

箪笥を洗う

天日干し

良く乾かしてから修理を始めます。

修理

箪笥割れ

所どころ割れがありましたので、それらを埋め木していきます。

埋め木

埋め木

ノリが乾いたら削ります。

箪笥修理

埋め木した箇所がよくつくようにハタガネで圧着します。

鉋がけ

埋め木した箇所の目違いを削っていきます。

箪笥の内部の削り

箪笥内部の汚れ 箪笥内部の汚れ
箪笥内部の汚れ  

箪笥の扉の中や、引き違い戸の中などが、黒ずんで汚れていたので削ります。

箪笥の中汚れ落とし

箪笥内部は鉋が入らないので、電動サンダーで削ります。

箪笥の内部綺麗に 箪笥内部を綺麗に
箪笥内部綺麗に  

箪笥の中が綺麗になりました。

背板削り

側、正面などの削りはまだですが、裏板を削って仕上げました。

荒削り

鉋がけ

鉋で全体を粗削りしていきます。

扉中板

扉の中板、削る前。

鉋削り

粗削りしていくと綺麗な木肌が出てきます。

粗削り

箪笥の粗削りが大体終わりました。

この後、仕上げの削りをした後、脚の製作に入ります。