ダイニングテーブルに座りながら見るのに丁度いい高さのテレビ台を作って欲しいとご依頼がありました。

通常のテレビボードでは、ダイニングテーブルからだと低すぎるので丁度良い高さが欲しいとのことでした。

テレビ台

【ご依頼内容】

テレビ台の高さは700mmにして欲しい。

テレビ台の幅は600mmにして欲しい。

奥行は400mm。

一番上の棚は、DVDプレイヤーを収めたいので、背面は空洞にして欲しい。

2番目の棚は、DVDを収納できる高さにして欲しい。

3番目の棚は、大き目の雑誌が入る高さにして欲しい。

木材はしっかりした物であれば何でもいい。

テレビを乗せるのである程度頑丈に作って欲しい。

これらのご内容でした。

テレビ台寸法

一番上の棚の高さを120mm

二番目の棚の高さを150mm

三番目の収納を316mm

これらで製作することにしました。

製作風景

パイン

天板以外をパイン集成材で作ることにしました。

針葉樹は柔らかいと言いますが、針葉樹の中ではパインは比較的硬くて家具に持ってこいの材料です。

実際、パインをノコギリなんかで切ってもらうとわかりやすいかもですが、慣れてないと切れないと思います。

厚さは18mmを使用しました。

仕口加工

しっかりとした作りでとのことでしたので、仕口を使って製作することにしました。

今回使った仕口は、

「小根付き二枚ホゾ」と棚を「大入れ」という仕口の加工をしました。

組み立て

仕口は組み上げるまでが大変ですが、出来てしまえば、組み立ては楽になります。

ミックス集成材

天板はパイン集成材よりも硬いミックス集成材を使用します。

脚作成

小さい脚ですがあるのとないのでは、見た目がかなり変わります。

仮組

加工した穴に差し込んでボンドを入れ、しっかりとハタガネで絞めて固定します。

オイル塗装

オイルのナチュラルを塗ります。

拭き取り

しっかりと染み込ませた後によくふき取ります。

オイル塗装

オイルを塗って、この発色になる瞬間がなんとも言えません。

蜜蝋

オイルのナチュラルだけでは撥水効果が薄いので、仕上げに蜜蝋を塗って仕上げました。

テレビ台

天板だけミックス集成材にしたことにより、柄のようでアクセントになってオシャレな仕上がりになったと思います。

テレビ台

テレビ台脚

小さい脚が可愛いですね。

テレビ台裏

背板には、シナ合板をハメ殺しで取り付けています。

一番上の棚は、配線が出るので空洞になってます。

 

完成品をご依頼者様に見て頂きましたが、大変喜んで頂いたのでよかったです。

 

こちらのテレビボードはご希望があればお作りします。

サイズの変更や棚の増減、扉や引き出しを付けたいなどがあればご相談ください。

下記リンクからご確認ください。

注文制作

ご相談は下記リンク

お問い合わせ