引き取り時のお写真

北海道民芸調家具

お引き取り時の写真

お引き取り時の写真

見た目は、どことなく和を感じますが、作りは洋風家具だと思います。

昔の茶箪笥などは、収納する箇所が引き違い戸などで作られています。

すべてが扉と引き出しで作られている辺りが、洋風を意識した作りです。

リメイク内容

現在使用している大型のテレビが収納できるように空間を作る。

高さを現在よりも低くする。

天板は、そのまま使用。

写真向かって左側に天板を支える脚を製作する。

表面を磨き、ウレタン塗装を施す。

DVDプレーヤーが収納できるように低い棚を製作する。

ガラスの汚れなどを磨いて綺麗にする。

配線コードの穴を開ける。

ビフォー、アフター

リメイク前 リメイク後
リメイク前 リメイク後

リメイク後は、スッキリとした印象になりましたが、それでも収納はたっぷりできるので使い勝手は良いように思います。

現在主流の薄型で大型のテレビでも置けるようにスペースを確保しました。

修理

天板取り外し

天板を取り外しました。

ダボ構造

天板はダボ構造でつけられていました。

天板はフラッシュ構造で、ダボを打つ場所に下地が入っていて、他は空洞の構造でした。

かなりの大きさなので、フラッシュ構造で軽量化しなければ重量がすごいことになります。

茶箪笥の改造

必要な箇所を残して他を取り除いていきます。

茶箪笥改造

これでテレビボードの原型が出来ました。

背板をタッカー

背板は溝にはめ込まれて、その後動かないようにタッカーで止めていたようです。

この溝は、また使うのでタッカーの刃を取り除きます。

背板タッカー

タッカーとは、デカいホチキスみたいなもので、電動タッカーで打たれたものだと思います。

フラッシュ構造

家具を切断した箇所がフラッシュ構造で出来ていて空洞の箇所があります。

天板をダボで接ぎたいので、空洞の箇所に下地を入れます。

下地

下地

ボンドを入れて圧着します。

これで、この下地に穴を開けてダボ穴を開けることが出来るようになりました。

家具修理

使用しない部分を取り除いたので、ダボ穴やらボンドの後などありますので、この上に薄い桐の突板を貼っていきます。

木材カット

1700mmぐらいの長さを画像のようにカットしたのですが、うちの横切り盤には入らないので、丸ノコで切断しました。

横切り盤

うちの横切り盤では、赤矢印の範囲が最長となります。

横切り盤

1300mmぐらいの長さまでしか切れません。

丸鋸定木

丸ノコには、標準で丸ノコ定規を付けられる場所があります。

丸ノコ定木の範囲であれば、好きな位置で、どんな長いものでもカットすることが出来ます。

しかし、丸ノコが年代ものですね。

かなり重いです。

横切り盤や昇降盤がありますので、あまり出番がないので動くうちは使っているのですが、そろそろ新しい物が欲しいですね。

家具修理

このカットした桐合板をサイズに合わせてカットしていきます。

合わせる位置が多いので、意外と大変です。

ダボ穴後

こちらもダボ穴の跡やボンド、ダボにくっついて表面が剥がれた跡などありますので、こちらも桐の突板を貼っていきます。

使用する部分、見える部分は綺麗にしていきます。

べニア貼り

画像のように貼っていきます。

表面をならす

貼る前にボンド跡や汚れ、べニアの剥がれ微妙な凹凸をサンダーでならします。

ならした跡の粉をよくふき取ってからボンドを塗ります。

ボンド塗り

ボンドを塗ります。

圧着

圧着してボンドが固まるのを待ちます。

天板裏

天板の裏もダボ穴や、取り外す時に剥がれたりして見栄えが悪いので新しい材を貼ります。

天板裏修理

天板裏に新しい材を圧着させています。

ダボ穴開け

ダボ穴

フラッシュ構造(中が空洞)なので、元々のダボ穴がある位置にしか下地がないので、元穴をそのまま利用します。

ダボマーカー

ダボ穴にダボマーカーを入れて、取り付ける脚を上に載せます。

マーカー中心が尖っているので、取り付けたい脚に印に穴が開き、それを中心として穴をかることで、綺麗なダボ接ぎが出来ます。

仮組

テレビボード

テレビボード脚製作

天板塗装

天板が汚れていたので、表面を少し削り着色しました。

脚の塗装

脚着色

見本から選んで頂いた色で着色しています。

ウレタン塗装

ウレタン吹き

ウレタンを吹いていきます。

側脚

天板を支える脚の着色とウレタン吹きが終わりました。

養生

本体のウレタンを吹いていくのですが、塗りたくない箇所に養生します。

養生

ガラス部分も養生します。

耐水ペーパー

表面を耐水ペーパーで磨きます。

表面の汚れや傷んだ塗膜をならします。

耐水ペーパーをかけることで、細かく表面が荒れますので、ウレタンのノリがよくするためでもあります。

ウレタン養生

天板の裏にウレタンを吹きました。

ヤスリがけ

ウレタン吹き、一度目は乾くとガサガサします。

それを耐水ペーパーで磨きます。

ウレタン塗装

背板、天板、本体、など、新しく貼った箇所から最初にウレタンを吹きました。

ウレタン仕上げ

下段本体をウレタン吹き。

ウレタン仕上げ

引き出しや扉もウレタンを吹き付けました。

ウレタン仕上げ

ウレタン仕上げ

ウレタンが乾いたので、外した扉や金具を取り付けました。

本組

天板と製作した天板を支える脚、背板を入れて本組しました。

ダボ穴と接地面にボンドを塗りハタガネやクランプで圧着しています。

本組

ガラスの汚れ落とし

ガラス磨き

ガラスも汚れていたので、ガラスの裏、表、ともに磨いて綺麗にします。

家具、ガラス

綺麗になりました。

タワミ防止

たわみ防止角棒

 

テレビを置くスペースの背板が、かなり大きいサイズの合板を使用したので、フカフカするので、後ろからタワミ防止で真ん中に角棒を取り付けました。

T字金具

T字金具で持たせています。

仕上がり

ほぼ仕上がりですが、これからDVDプレーヤーを収納するための棚を製作。

DVDプレーヤーを収納する為の棚の製作

水平器

まず、棚を作る元の台が水平かどうか確認。

水平器

奥行方向、幅方向ともに許容範囲で水平でした。

棚製作

棚に使用する材料は、

脚:パイン集成材の3cm

棚板:パイン集成材2.5cm

部材をカットして仮置きした状態。

棚製作

こんな感じで取り付けます。

左右の脚は横にビス止めするので問題はないのですが、真ん中やや左に取り付ける脚は写真の場所の下に下地があるので、ダボ接ぎで止めます。

下地の場所

下地の場所を構造から情報を読みとって割り出します。

白テープで囲った場所に下地があると思われます。

ダボ穴開け

棚の脚にダボ穴を開けます。

ダボマーカー

開けたダボ穴にダボマーカーを入れます。

ダボの印つけ

下地のある場所に上から真っすぐに押し付けます。

ダボ印

するとダボマーカーの跡がつきます。

これを中心に穴を開けるとダボ接ぎがうまくいきます。

ダボセンター穴開け

 

ダボ位置だけ正確でも、ダボ接ぎはうまくいきません。

ダボが真っすぐ入らなければ、相手の穴に入らないからです。

ですので、写真のようにダボマーカーで小さい穴の印をつけたのを基準とします。

ダボ穴開け

8mmのダボを入れるのでドリルビットは8mmを使用します。

中に入ってる金具に8mmの穴が開いている

この金具の穴に突っ込んで穴を開ければ、スペーサーガイドの役割をして、真っ直ぐな穴を開けやすいです。

ダボ穴開け

ダボ穴が開きました。

もし、下地がなく空洞の場合は、途中から手ごたえがなくなります。

しっかり手ごたえがあるまま穴が開きましたので、下地があったことの証です。

ダボ仮組

実際にダボを入れ、仮組します。

ダボ仮組

ダボ接ぎ

ダボがいい感じに入りました。

こうやってつけることで、この脚がフカフカすることはなくなります。

ボンドだけでもいいかもしれませんが、このほうがより安心です。

ホールソー

ホールソーと言う刃物を使い穴を開けます。

穴開け

棚を取り付けてからえは、穴を開けずらいので、この段階でDVDプレーヤーの配線穴を開けます。

DVDプレーヤーの配線穴は、約3cmの穴を開けました。

テレビの配線の穴は約5cmで開けます。

脚取り付け

脚を側面の下地にビスで止め、ビス頭をダボで隠します。

棚脚製作

棚の脚も棚を取り付けてからでは、塗装しずらいので、この段階で色をつけウレタンまで吹いておきます。

木地を整える

板を購入して、どんなに綺麗に見えても、着色、ウレタン前には生地を整えなければ、綺麗な着色とウレタンを乗せることは出来ません。

荒い番数のペーパーから細かいペーパーに替え木地を整えます。

着色

棚板を着色しました。

ウレタン吹き

ウレタンを吹いた状態です。

ウレタン吹き

綺麗にウレタンがのってます。

写真では少しテカって見えますが、乾くとテカりは消えます。

艶けしのウレタンなので必要以上にテカることはありません。

ウレタン後

ウレタン吹きが終わりました。

ダボにボンド

ダボ穴にボンド入れ棚板と接合します。

ダボは水分を含むと少し膨張するので、接合した後、ダボが膨らむことにより、よりしっかりした接合になります。

棚板ダボ穴

この棚板に開けたダボ穴と接合します。

タイトボンド

面積の多い場合は、普通の白ボンドを使いますが、ダボやホゾなど接合する場合には、私はタイトボンドを使用しています。

乾きも早く、接着後の強度も良いように思います。

普通の白ボンドと比べると、水に強く、熱にも強いみたいです。

家具作りをするプロも愛用しているボンドです。

棚取り付け

棚を取り付け、テレビの配線穴を約5cmで開けました。

リメイク完成写真

リメイク完成

リメイク完成写真になります。

リメイク完成写真

リメイク完成写真

リメイク完成写真

リメイク完成写真

リメイク完成写真

リメイク完成写真

リメイク完成写真

リメイク完成写真

リメイク完成写真

リメイク完成写真

納品、据え付け

リビングボード

リビングボード

納品の際は、お世話になりました。

テレビを実際に置いてみると、丁度いいスペースでした。

仕上がりも気に入って頂けたようなので良かったです。

 

 

お仕事のご依頼や、ご相談などは下記リンクからお気軽にどうぞ

桐箪笥の修理やリメイク・古い家具の修理やリメイク、塗り直し

 

清水桐工房topページ

 

お問い合わせ