こんにちは、家具の修理などをしている「清水桐工房」の櫻井です。

普段の仕事の経験からDIYで役に立つ考え方などを記事にしています。

今日は、「墨付け」について。

墨付け

墨付けって言葉に馴染みがない人も多いんじゃないかと思います。

簡単に言うと、木材をここで切りたいって場所に線を引きますよね。

これが、墨付けです。

目印みたいなもの。

その線や目印は「えんぴつ」「シャープペン」「ボールペン」「筆」など、自分でわかればなんでも良いと思います。

ただし、その線が太すぎると精度が悪くなります。

墨線

上記画像の細い線のように線が細いと線に遊びがないので、そこに合わせるだけで精度が出ます。

しかし、下側の太い線のようだと、太い線のどっち?に合わせる?なってしまい精度が落ちます。

鉛筆の太さ

鉛筆先端

趣味でDIYをやるかたは、シャープペンでも、ボールペンでもなんでも構わないと思います。

しかし、大工さんや建具屋さんは「鉛筆」を好んで使ってたりします。

シャープペンの芯の細さには限界があり、ボールペンもめちゃくちゃ細いボールペンってのは、あまり見たことはありません。

そこで、鉛筆の先端をカッターで削ると尖らせることが出来ます。

もちろん、すぐに丸まってしまっては仕事が進まないので、なるべく硬い芯を使います。

2Hぐらいが私は多いです。

趣味の範囲であればシャープペンで問題ないですが、「鉛筆」を使っていると何だかプロっぽいです。

墨線を間違えた場合

墨線を引いた後、「あ、測り間違えた!、ここじゃなかった。」なんてこともあります。

その後、正規の線を引くと、間違った線と引き直した線が二つ引かれてる場合、「あれ?どっちだっけ」ってことになります。

墨線

線を引いて、板をカットしようとした場合

例えば、上記写真で15cmで線を引いたけど、間違いに気づき「あ!14cmだった」となったとすると

墨付

14cmで引き直します。

墨線間違い

そうすると、どっちが正解の線かわからなくなります。

その時は覚えているつもりでも、他の作業をしていると忘れてしまうこともある。

いちいち消すのも手間だし、最終的にはサンディング(ペーパーがけ)で消える。

そんな時、「こっちが正解だよ」って目印をつけておけば間違えません。

墨線間違い記号

 

上の写真のような印をつけます。

これが意味する所は

墨線間違い記号

縦の墨線を引いた場合は

墨線間違い記号

大工さんや建具屋さんなど共通で使っている記号だと思います。

算数なんかで出てくる記号で、2<3 みたいな感じで開いている方が正規のラインだよって目印になります。

趣味のDIYなら自分でわかる目印ならなんでも言いと思いますけどね。

一応プロは、こんな感じでやっているので、あれこれどんな目印にしようか考えるくらいなら覚えておいて損はないかと思います。

 

 

お仕事のご依頼や何か役に立てることがありそうなら下記リンクからお気軽にどうぞ

桐たんすの修理やリメイク、家具の修理

お仕事のご依頼やご相談