修理状況

お預かり時の写真
アルコール除菌
カビ予防
引き出しの削り
下駄箱の底板
裏板の貼りつけ
ウレタン吹きの準備(養生)
下地作り
プライマー、下塗り
ウレタン吹き(仕上げ)
引き出しの取って、扉のハンドルの金の金具の吹き付け
蝋引き
金具、取っての取り付け
和箪笥、完成写真
下駄箱、完成写真
配送業様を利用して納品する前の梱包

 

お預かり時の写真

和箪笥 間口1200mm×奥行460mm×高さ1780mmの塗り直しのご依頼

  • 箪笥側面のカビ
  • 扉の裏の白く粉が吹いてる
  • 箪笥の裏のカビ
  • 引き出しが堅くてスムースではない
  • 引き出しの取っての金の金具が剥げている

これらを直す修理になります。

IMG_5147IMG_5148

下駄箱 間口880mm×奥行410mm×高さ1020mmの塗り直しのご依頼

  • 下駄箱を開けた時の底のカビ
  • 下駄箱の裏のカビ
  • 下駄箱表面の上塗りの痛み

これらを直す修理になります。

IMG_5149IMG_5150

IMG_5151

付着していたカビ

IMG_4740

下駄箱を開けた時の底の部分のカビが結構なものでした。

IMG_4749

下駄箱の裏のカビです。

IMG_4744

表面を削りカビを取り除きました。

アルコール除菌

IMG_4752

根っこのカビを除菌していきます。

IMG_4754

箪笥の裏

IMG_4757IMG_4770

IMG_4769IMG_4767

引き出し本体の中も除菌していきます。

IMG_4780IMG_4791

下駄箱の中や引き出しの中も除菌しました。

IMG_4793IMG_4802

下駄箱の棚など、ありとあらゆる所を除菌しました。

カビ予防

IMG_4798

カビ予防剤になります。

IMG_4800

カビはこういった隅のほうから発生しやすいので、予防剤を染み込ませていきます。

IMG_4801

カビ予防剤は全体に塗ると、板を痛めてしまうので隅を念入りに塗りました。

IMG_4803

よく乾燥させます。

引き出しの削り

IMG_4795

少し出しづらいと言っていた引き出しを削っていきます。

IMG_4797

引き出しの側面も削ります。

下駄箱の底板

IMG_4739

最初の状態

IMG_4805

除菌後の状態

カビは取り除けましたが、染みのようなものは取れないので、上に新しい材を張りました。

IMG_4810

新しい材を底板の上に貼った写真です。

IMG_4819

貼ったままだと汚れを木が吸ってしまうので、水拭きできるように貼った板にウレタンを吹いています。

裏板の貼りつけ

IMG_4820

よく除菌をしたうえで突板を貼りつけました。(上の写真)

IMG_4824

すべての裏板を貼った写真です。

ウレタン吹きの準備(養生)

IMG_4825

ウレタンを吹きたくない箇所を養生したところです。

IMG_4826

引き出しや扉の中にもウレタンがかからないように養生します。

IMG_4827

引き出しの中や底、側面にもウレタンがかからないように養生。

IMG_4828

下駄箱のスライド戸の裏も養生。

下地作り

IMG_4832

400番~600番のぺーバーで表面を削り、細かい傷や汚れ、凹凸をならしていきます。

あくまで、表面の透明な塗膜を削る感じで、着色を落とさないように気を付けます。

また、表面を細かいペーパーで荒らすことにより、これから吹く塗膜の食いつきがよくなります。

IMG_4831

本体も上の写真のように、ペーパーでならします。

IMG_4833

ペーパーでならした後は白い粉が出るので、濡らしたウエスで粉を取り除きます。

プライマー、下塗り

IMG_4844

下地の着色は落とさず、今までの塗膜が残った状態でのウレタンでしたので、プライマーを吹くことでウレタンの食いつきをよくします。

IMG_4845

プライマーを吹いた写真です。

IMG_4846

仕上げ面にはすべてプライマーの吹き付け。

IMG_4847

プライマーを吹き付けたら4時間ほど乾燥させます。

ウレタン吹き(仕上げ)

IMG_4848

主剤、硬化剤の2液を混合させて作ります。

IMG_4850

ウレタンを吹いた後の写真になります。

IMG_4852

IMG_4853

IMG_4854

IMG_4855

IMG_4836 IMG_4853
修理前の写真 塗り直し後の写真

ウレタンの食いつきぐあいと塗料の定着をしばらく見たいので、この状態でしばらく様子を見ます。

引き出しの取って、扉のハンドルの金の金具の吹き付け

IMG_4860IMG_4863

IMG_4864IMG_4958

蝋引き

引き出しの出し入れ、滑りをよくするためにイボタ蝋を塗ります。

IMG_4948IMG_4949

IMG_4950

引き出しが接地する部分に塗っていきます。

金具、取っての取り付け

IMG_4859

外した金具を取り付けています。

IMG_4944

和箪笥、完成写真

IMG_4952IMG_4953

IMG_4955IMG_4956IMG_4957

扉の裏が白く粉を噴いていたのが、なくなっているのがわかると思います。

IMG_4961

箪笥右側側面

IMG_4963

箪笥左側側面

IMG_4962

箪笥の背中

 

下駄箱、完成写真

IMG_4964IMG_4965IMG_4966IMG_4967

IMG_4972

下駄箱の背中

IMG_4973

下駄箱の中

IMG_4974

パイプもアルコール消毒してあります。

配送業様を利用して納品する前の梱包

IMG_5230 IMG_5231
IMG_5232 IMG_5240

梱包は、巻き段ボール→プチプチ→板段ボール、になってます。

プチプチを最初にやると、厚い日が続く時などに箪笥が汗をかくことがあるので(実際はどうかはわかりませんが、私は念の為)巻き段ボールを最初にします。

配送業者様も最新の注意を払って運んでくれるとは思いますが、「投げ入れ厳禁、カッターは注意、水厳禁」の張り紙をしておきます。

 

納品も無事に終わり、喜んで頂けたようでなによりです。

この度は、清水桐工房へご依頼、誠にありがとうございました。

 

家具の修理のご相談は下記リンクからお願いします。

修理などのご相談

桐箪笥の修理やリメイク、古い家具の塗り直し

修理記事一覧